湯のし・とき湯のし・裏打ち

HOME > おしながき > 湯のし・とき湯のし・裏打ち
湯のし・とき湯のし・裏打ち

着物のお仕立てをご依頼いただく前に必要な「湯のし」「とき湯のし」と、生地の状態や種類によって必要になる「裏打ち」。当店にご依頼いただく場合は、こちらから承っておりますのでどうぞご利用ください。


湯のし(反物状態)

着物を仕立てる前に、生地の幅や長さを整えるために必要です。

湯のし(反物状態):¥1,000(税別)

湯通し(紬等)

紬の表面を固めるための糊を落とし、紬独特の風合いを出します。。

湯のし(反物状態):¥1,500(税別)

とき湯のし(仮絵羽状態)

仮絵羽仕立て状態の着物をいったんほどいて湯のしします。

とき湯のし(仮絵羽状態):¥1,500(税別)

絞り裏打ち

絞り染めの着物の絞りがのびないようにするために必要な加工です。

絞り裏打ち:¥20,000(税別)

絞り裏打ち(振袖)

絞り染めの振袖の絞りがのびないようにするために必要な加工です。

絞り裏打ち(振袖):¥30,000(税別)