京都の着物お仕立て・着物クリーニング・メンテナンス通信販売

 

当店では、京都の工房にて、一流の職人たちがお客様のお着物を一つひとつ手作業でお仕立てを行っております。当店工房についてのお仕立てに関する情報や技術についてご紹介いたしますので、ご参考ください。

 

 

安さの秘密

 

当店の母体は呉服の製造業者。そのため、卸価格でのご提供が可能なのです。

 

安さの秘密はこちら・・

 

 

お仕立て工程

 

お預かりしたお着物や反物のお仕立て工程についてご説明しておりますのでご参照ください。

 

お仕立て工程はこちら・・

 

お仕立て講座

 

着物を仕立てるための生地に関することや寸法の単位について、着物の違いなどをご説明しておりますのでご一読ください。

 

お仕立て講座はこちら・・

 

 

匠の横顔

 

当店の工房で一流の腕をふるう職人達についてご紹介いたします。

 

匠の横顔はこちら・・

お仕立て工房の技記事一覧

当店の母体は呉服の製造業者です。当店ではそこから商品を直売しているため、皆様のお手元に届くまでに、通常の流通経路でかかるような中間マージンが発生しません。これにより、京都の工房で仕立てを行っているにもかかわらず、非常にお安くご提供できるのです。流通経路の違い通常経路当店の経路

当店でお客様からお預かりしたお着物や反物をお仕立てする工程についてご説明いたします。お仕立ての工程には、検品(検反)から最終検査まで、様々な作業があります。工程の流れ検品(検反)お着物や反物を検品(検反)します。生地の種類や状態はもちろん、お着物ならお仕立ての仕方、反物なら付属物(胴裏や八掛)があるかどうか確認します。また、織り傷、シミ、汚れなども確認します。検尺着物の表地、裏地、付属物などの長さ...

着物を仕立てるために必要な生地の長さや、生地以外に必要なものなど、お仕立てに必要な情報についてご紹介いたします。お仕立てをご依頼いただく前に、ぜひご一読ください。着物お仕立ての種類着物お仕立ての種類には、「袷(あわせ)」と「単衣(ひとえ)」があります。袷(あわせ)表地とは別の裏地を付けたもの。仕立て時には裏地となる「胴裏(どううら)」と「八掛(はっかけ)」が必要。単衣(ひとえ)表地のみで裏地のない...

当店の工房では、一流の技術を持った職人達が、お客様からお預かりしたお着物を一つひとつ丹念に仕上げております。こちらでは、その職人達についてご紹介いたします。橋本 保江(はしもと やすえ)織物全般のチェック、及び加工艶やかな肌触りと、しとやかな使い心地の織物をご覧ください。お客様のご希望に合わせて、最適な一反、一着をお届けいたします。岩野 良子(いわの よしこ)染め全般着物に使われる日本の色の数々。...

page top