京都の着物お仕立て・着物クリーニング・メンテナンス通信販売

着物百科

 

着物の種類は、実に様々なものが存在します。その中でも代表的なものをご紹介いたしますので、どの着物に仕立てたいか悩まれた時は、どうぞこちらをご参考ください。

 

 

着物の名称

 

黒留袖
上半身に絵柄がない、黒の着物です。比翼仕立てにし、五つ紋を付けると既婚女性の第一礼服となります。一般の結婚式などに多く着用されます。

 

色留袖
黒留袖同様、上半身に絵柄がなく、比翼仕立てで五つ紋を付けると既婚女性の第一礼服となります。授賞式、パーティーなどの華やかな席には色留袖を着用することが多いようです。

 

振袖
未婚女性の第一礼服です。花嫁のお色直しや、成人式、結婚式に招待された時などに多く着用されています。大振り、中振り、小振りの3段階の袖丈があります。

 

訪問着
既婚・未婚問わず着られる着物で、あらゆる場で着用できます。さらに紋をつければ色留袖と同格となります。ただし、紋を付けると着られる場が限られてしまうので注意。

 

付下
訪問着の略礼装で、訪問着と比べて絵柄が小さめのものが多く、縫い目に被らないようになっています。基本的には着るシーンは訪問着とあまり違いはありません。

 

小紋
小さな柄を繰り返し型染めした着物。全体的に柄があるため、柄が隠れたりする心配がなく、気楽に着られる着物です。ちょっとおしゃれをしたい、という時に重宝します。

 

紬(つむぎ)
紬は、全国各地で作られており、産地や糸質、機械の良しあしなどで特色が違い、価格も大きく変わります。元々は普段着ですが、最近ではおしゃれ着として注目を集めています。

 

色無地
柄がなく、黒以外の色を使って一色で染めた着物です。(一つ紋)なら略礼服、三つ紋以上なら準礼服として着用できます。

 

喪服
葬儀に着用する礼服です。モーニングや和装に相当する正式なものと、ブラックスーツに相当する略式とがあります。

 

ゆかた
夏に着る最も軽装な普段着。元は湯上がりに着る部屋着でしたが、最近では柄や素材が豊富になり、お祭りなどに着用されることが多くなりました。

page top