京都の着物お仕立て・着物クリーニング・メンテナンス通信販売

 

「着付け方に不安がある」「自分で着物を着てみたい」といった方々に気軽に着物を着ていただけるよう、着付について掲載いたします。ぜひご参考いただき、少しでも多くの方に着物に親しんでいただきたいと思います。

 

着付けに必要なもの

 

・着物
・帯
・帯締め
・帯揚げ
・足袋
・半襟
・帯下締め

・襟芯
・長襦袢
・伊達締め
・腰ひも
・和装スリップ又は
・肌襦袢と裾よけ
・帯前板
・帯枕

襦袢を着る

下着を着け、足袋をはく

和装用下着を着け、足袋をはきます。
肌襦袢と裾よけの場合は、足袋を先にはいておきます。

 

長襦袢を着る

1.長襦袢に襟芯を付けます。

 

2.長襦袢を羽織り、両袖山を持って背中心を合わせます。

 

3.片手で両方の襟先を持ち、もう片方の手で背縫いを下へ引き下げ、衣紋を抜きます。

 

4.右前、左前の順に襟を深く合わせ、崩さないようにアンダーバストに帯下締めをあてます。

 

5.帯下締めのひもを後ろで交差して前へ回し、体の左側でひも同士を2回巻き付けて結びます。

 

6.ひもを左右に交差させて両端を挟み込みます。

 

7.長襦袢の背中のシワを左右に伸ばし、力布がある場合は力布のシワも伸ばします。

着物を着る

1.広襟の場合はホックもしくは吊り糸を使って半分に折り、後ろの背中心から左右30cmくらいのところを両手で持ちます。

 

2.着物を肩から羽織り、長襦袢の袖を着物の袖に通して、着物と長襦袢の袖の振りをそろえます。

 

3.両袖山を持って、着物の背縫いを後ろ中心に決めます。

 

4.左右の掛け襟を胸の中心で持ち、そのまま襟先から20cmくらい下がったところまで両手を滑らせます。

 

5.一度裾を上げ、そのまま床すれすれの位置まで下ろします。

 

6.左襟先が腰の上にくるように、左手で上前の幅を決めます。

 

7.ゆっくりと上前を開きながら、同じように下前の位置を合わせます。

 

8.下前の褄先を10cmくらい上に上げます。

 

9.上前を戻して前合わせをし、上前の褄先を5cmくらい上に上げます。

 

10.手で上前を押さえながら、1本目の腰ひもをウエスト位置にあてます。

 

11.腰ひもを後ろで交差し、その時に人差し指で着物のシワを左右に伸ばします。

 

12.腰ひもは体の左側でひも同士を2回巻き付けて結び、両端を挟み込みます。

 

13.裾から手を入れ、襟元を抑えながら力布を下に引きます。

 

14.身八つ口から両手を入れて上下にとんとんと動かし、前後のおはしょりを整えます。

 

15.両袖山を持ち、軽く引っ張りながら背縫いが背中心に来るよう調節します。

 

16.再度掛け襟を胸の中心で合わせ、両耳から後ろに来る襟の部分は半襟が見えないよう、着物の襟を1cmくらい上に出します

 

17.襟を2cmほど内側に折り、左右を合わせます。

 

18.アンダーバストに2本目の腰ひもを回し、ひも同士を2回巻き付けて結んで背中のシワを伸ばします。

 

19.上前のおはしょりの中に手を入れ、下前のおはしょりをウエストの方へと動かして少し折り曲げ、舟底を水平にします。

 

20.おはしょりを伊達締めで押さえ、後ろで交差させて前で2回ねじり、さらに端を挟んで完成です。

帯を結ぶ

1.帯枕に帯揚げをかけ、中心部分をゴムで留めておきます。

 

2.伊達締めの上から前板(帯板)をつけます。

 

3.帯の輪が下側、縫い目が首の方にくるようにして手先を肩に掛け、体に二重に巻きます。

 

4.帯の前に来る柄の位置を右手で持ち、固定します。

 

5.左手で手先を引き入れながら胴回りを締めると、一巻目の帯を二巻目の帯の中に入ります。

 

6.両手で細く絞った手先とたれをひとねじりします。

 

7.手先は前に回して胸に挟み、たれのねじり目部分のシワを伸ばして広げます。

 

8.たれの内側に帯枕をあてて後ろに回し、帯だまり(お太鼓の内側からねじり目までの部分)のシワを伸ばしておきます。

 

9.両手で帯枕を持ってねじり目の上に乗せ、帯枕のひもと帯揚げを前で仮結びして帯に挟みます。

 

10.帯だまりを左右に広げて整え、お太鼓の山から30cmくらいのところに仮の腰ひもをあてます。

 

11.左手で腰ひもと一緒にお太鼓の底を持ち、右手で残りの帯を持ち上げます。

 

12.たれ先を9cmくらい(だいたい人差し指の長さ)残し、腰ひもで押さえながら、腰ひもを前の帯の下で結びます。

 

13.前帯に挟んでおいた手先を、輪を下にして腰ひもが通っている部分に通します。長ければ中に折り込んでおきます。

帯締めを結ぶ

1.帯締めをお太鼓に通して手先を押さえ、左右の長さをそろえてひも同士を巻き付け、締めます。

 

2.指で帯締めの中心を押さえながら、上に来た方を中心と平行に持ったら、下に来た方をその下側からくぐらせて1回結びます。

 

3.結び目がねじれないように気をつけながら、左右の両端を上から下へ挟み込みます。最後に仮に結んでおいた腰ひもをほどきます。

帯揚を結ぶ

1.帯揚げと帯枕のひもをいったんほどき、まず帯枕のひもを先に結びます。ひも同士を2回巻き付けて方蝶結びをし、帯の中に入れ込みます。

 

2.帯揚げを広げ、両端を折って隠すように二つ折りします。

 

3.広げた幅を崩さないように左右の帯揚げを1回巻き付けて、下から軽く結びます。

 

4.帯揚げの結び目を前板と伊達締めの間に入れ、残りも左右に入れ込みます。

 

5.鏡で全体を確認して、曲がったりしていないか確認して完成。

page top