よくあるご質問

HOME > お買い物ガイド > よくあるご質問

こちらでは、お客様から当店へよくお寄せいただくご質問とその回答について掲載しております。ご不明な点がございましたら、まずはこちらをご覧ください。なお、掲載内容以外でご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

着物の形に簡単に縫ってある状態(仮絵羽)のものの仕立てを
お願いしたいのですが可能ですか?
お仕立てはもちろん可能です。ただし、仮絵羽状態になっているものは、ヤケやシミ、汚れがないかを確認するためにいったん反物の状態に戻し、目立つ個所が見つかった場合はお客様にご連絡いたします。その際に、そのままお仕立てを行うか、お直し(別途料金が必要)を行うかをご相談させていただきます。
人から譲られたものを、自分に合ったサイズに直したいのですが。
サイズを小さくする場合はほとんど問題なく寸法直しもしくはお仕立て直しが可能です。サイズを大きくする場合は、以前のサイズの時に内側に折り込まれていた部分のスジや色やけなどが残ってしまうこともあるため、目立つ場合は洗い張りなどを行うことをおすすめします。
長年しまっておいた着物をまたきれいにして着たいのですが。
実際にお着物を拝見し、汚れやヤケなどの状態を確認しないとはっきりとは申し上げられませんが、丸洗いプレスきものクリーニングを行うことで十分着られる状態になるものもございます。さらに、特に長期間しまったままのお着物は裏地が黄ばんだ状態になることが多いので、裏地を新品に交換するとかなり印象が違います。また、当店独自の技術である「京の丸染め」もおすすめです。
着物にはどのようなリメイク(リフォーム)の方法があるのですか?
部分的なサイズ調整には寸法直し、全体的にサイズを変える場合にはお仕立て直しを行っております。また、着物の色があせてしまった場合は染め直しを、全体的なイメージを変えたい場合には「京の丸染め」をおすすめしております。そのほかにも様々な方法がございますので、どうぞお気軽にご相談ください。
お仕立てをお願いする時に必要なものを教えてください。
お着物の生地と着用される方の寸法、お手持ちの裏物(胴裏・八掛)がある場合はそれもあわせてお送りください。裏物がない場合は当店で販売も行っておりますので、どうぞご利用ください。
寸法がよく分からないのですが。
身長・体重・バスト・ヒップ・ゆきがお分かりでしたら、そこから標準寸法を割り出してお仕立てを行います。ご注文時に記入欄に各サイズをご入力ください。