京の丸染め(着物染め替え)

HOME > 着物のリメイク(リフォーム) > 京の丸染め(着物染め替え)

クリーニングや洗い張りをしても落ちない汚れがついてしまったお着物も、当店の「京の丸染め」なら仕立て直しをすることなく染め替えが可能。さらに、以前の柄が淡く残る、味があり奥が深い染め上がりとなります。あきらめるまえに、ぜひ一度お試しください。

京の丸染めとは

通常のきものクリーニングは、シミや汚れ、黄ばみなどの部分のみに処置を施します。洗い張りは、いったん着物の縫製を解き、生地を洗って再度縫い直します。どちらも手間や費用がかかりがちですが、「京の丸染め」は、生地を洗う際、同時に染めも行う画期的な方法。そのため、手間も費用も大幅に削減することができます。

商品お渡しまでの流れ

商品お渡しまでの流れ
  • 事前検査チェックにて、ほつれ・傷みなどの有無を確認し、お客様にご同意いただいたうえで作業に入ります。
  • 強いシミや黄ばみなどがある場合は、前処置を施してから染めに入りますので、別途お見積りとなります。
  • 本加工は、地色の上から新たに染色を施すものです。そのため、新品の状態に仕立て直す加工とは異なりますので、ご了承ください。

染色

染色前 染色後
染色前 染色後
伏せ加工によって、染色前の柄や紋様を残すことも可能です(別途お見積り)。

料金

通常なら 京の丸染めなら
解き作業… 1〜2万円
染め代… 2〜4万円
お仕立て代… 3〜5万円
裏地その他… 1〜1.5万円
約7〜12.5万円
一律 29,800円(税別)
ただし、強いシミや黄ばみがある場合は前処置を施す必要があるため、別途お見積りとなります。
京の丸染め スーパーリフォームパック
胴裏の交換やお仕立てにより、新品同様に仕上げる「スーパーリフォームパック」。
京の丸染め代29,800円(税別)に+20,000円とお得です。

※ただし、強いシミや黄ばみがある場合は前処置を施す必要があるため、別途お見積りとなります。