京都の着物仕立て・着物クリーニング・メンテナンス通信販売

着物仕立て各種価格

 

着物どころ京都の工房で、優秀な職人が丁寧に一針一針心を込めて縫い上げたものをお手元にお届けいたします。お手ごろな料金でお仕立てを承っておりますので、どうぞご利用ください。

 

着物仕立て
ただいま、キャンペーン中で御座います。この機会にぜひお試しください。
すべて手縫いで仕上げます。

 

 

黒留袖手縫い仕立て

既婚女性の第一礼服。両胸、背、両袖裏の5個所に紋が入ります。

¥18.000(税別)商品詳細へ

 

色留袖手縫い仕立て

黒留袖の次に格式が高く、裾部分にのみ模様のある着物です。

¥18.000(税別)商品詳細へ

 

振袖手縫い仕立て

未婚女性の第一礼服。袖丈が長く、着物全体に模様が入ります。

¥18.000(税別)商品詳細へ

 

訪問着手縫い仕立て

全体に模様が入り、広げると一枚の絵のようになる礼装用の着物です。

¥18.000(税別)商品詳細へ

 

小紋手縫い仕立て

同じパターンの模様が繰り返し全体に入った、気軽に着られる着物です。

¥18.000(税別)商品詳細へ

 

色無地手縫い仕立て

準礼装の着物で生地や色が多種あり、紋入れも用途によって違います。

¥18.000(税別)商品詳細へ

 

喪服手縫い仕立て

葬式に着用される着物で、五つ紋付が正装、一つ紋が略式となります

¥18.000(税別)商品詳細へ

 

つむぎ手縫い仕立て

産地によって個性の出る織りの着物。普段着ですが、訪問着や付下もあります。

¥18.000(税別)商品詳細へ

 

長襦袢手縫い仕立て

着物の下に着るもので、和服姿の基本となる下着です。

¥15.000(税別)商品詳細へ

 

振袖襦袢手縫い仕立て

振袖の下に着るもので、袂があり、丸みを帯びているのが特徴です。

¥16.800(税別)商品詳細へ

 

羽織手縫い仕立て

着物の上に着用し、コートの役割を果たします。格式を高める装いにも。

¥19.800(税別商品詳細へ

 

コート手縫い仕立て

機能的な品質はもちろん、デザイン性も重視したコートを匠の技で仕上げます。

¥19.800(税別)商品詳細へ

 

男物襦袢手縫い仕立て

男性用の着物下着で、機能は女性用の襦袢と同じ。体型に応じてお仕立てします。

¥15.000(税別)商品詳細へ

 

男物長着手縫い仕立て

男性用の裾の長さが足首まである、おはしょりを作らない丈の長い着物。

¥20.000(税別)商品詳細へ

 

男物羽織手縫い仕立て

長着や小袖の上にはおって着るもの。寒い季節には欠かせません。

¥20.000(税別)商品詳細へ

 

ゆかた手縫い仕立て

元は湯上がりに着る寝間着からきたもの。夏場など気軽に着られます。

¥15.000(税別)商品詳細へ

 

袋帯仕立て

主に礼装用が多く豪華な柄が入り、基本的に芯を入れて仕立てます。

¥5.000(税別)〜 商品詳細へ

 

名古屋帯仕立て

胴回りは芯を入れて半幅に、お太鼓の部分は並幅に仕立てる帯です

¥6.500(税別)〜 商品詳細へ

 

着物仕立て(湯のし・付属品)

湯のし(反物状態)
着物を仕立てる前に、生地の幅や長さを整えるために必要です。

 

湯のし(反物状態):¥1,000(税別)

 

 

 

湯通し(紬等)
紬の表面を固めるための糊を落とし、紬独特の風合いを出します。。

 

湯のし(反物状態):¥1,500(税別)

 

 

 

とき湯のし(仮絵羽状態)
仮絵羽仕立て状態の着物をいったんほどいて湯のしします。

 

とき湯のし(仮絵羽状態):¥1,800(税別)

 

 

 

絞り裏打ち
絞り染めの着物の絞りがのびないようにするために必要な加工です。

 

絞り裏打ち:¥20,000(税別)

 

 

 

絞り裏打ち(振袖)
絞り染めの振袖の絞りがのびないようにするために必要な加工です。

 

絞り裏打ち(振袖):¥30,000(税別)

 

 

「比翼」「胴裏」「八掛」をはじめ、「肩裏(羽織裏)」「襟裏」「背伏」「通し裏」などの裏物はこちらでご確認ください。

 

 

正絹胴裏・振袖用胴裏

袷の着物の胴部分に付ける、裏地です。
素材はすべて羽二重となっております。
梅=ダブル幅(再利用はほぼ不可)
竹=並幅
松=並幅 となっております。

クイーンサイズは
普通丈=6000円(税別)
振袖用=8000円(税別)  にてご用意させていただいております。
ご注文後に寸法によってご相談、ならびにご案内させていただきます。

 

※正絹胴裏はカラーをお選びいただけます(全61色)

 

正絹胴裏・八掛カラー見本はこちらから・・

正絹胴裏(カラー):¥20,000(税別)

カラー: 701〜760

 

正絹胴裏(白) 松・竹・梅:¥4,800〜¥10,000(税別)

正絹胴裏(白) 梅: ¥4,800(税別)
正絹胴裏(白) 竹: ¥6,000(税別)
正絹胴裏(白) 松:¥10,000(税別)

 

振袖用胴裏 松・竹・梅:¥6,500〜¥10,000(税別)

振袖用胴裏 梅: ¥6,500(税別)
振袖用胴裏 竹: ¥8,000(税別)
振袖用胴裏 松:¥10,000(税別)

 

 

正絹比翼

比翼は黒留袖や色留袖に付ける飾り布です。
梅=小幅(9寸7分程度)
竹・松〜並幅 となっております。

正絹比翼 松・竹・梅:¥5,500〜¥10,000(税別)

正絹比翼 梅: ¥5,500(税別)
正絹比翼 竹: ¥8,000(税別)
正絹比翼 松:¥10,000(税別)

 

 

正絹八掛

袷の着物の足元に付ける正絹の裏地。色柄によって着物の印象が違います。
別染めの場合は8500円(税別)にてお好みの色に染めさせていただいております。

 

※正絹八掛はカラーをお選びいただけます(61色+ぼかし入り96色 全157色)

 

正絹胴裏・八掛カラー見本はこちらから・・

 

正絹八掛 松・竹・梅:¥6,800〜¥12,000(税別)

正絹八掛 梅: ¥6,800(税別)
正絹八掛 竹: ¥8,000(税別)
正絹八掛 松:¥10,000(税別)

カラー: <ぼかしなし>白・701〜760
カラー: <ぼかしあり>401〜496

 

 

紬八掛

袷の着物の足元に付ける紬(大島紬地)の裏地。色柄によって着物の印象が違います。
別染めの場合は8500円にてお好みの色に染めさせていただいております。

 

※既製品であれば紬八掛はカラーをお選びいただけます(全61色)
カラーサンプルにはございませんが、一部、ぼかしの紬八掛もございます。
ご注文後、ご相談下さい。

 

紬八掛カラー見本はこちらから・・

紬八掛 松・竹・梅:¥6,800〜¥12,000(税別)

紬八掛 梅:¥6,800(税別)
紬八掛 竹:¥8,000(税別)
紬八掛 松:¥10,000(税別)

カラー: 1701〜1745

 

 

正絹肩裏(羽織裏)

羽織やコートに付ける裏地です。色柄によって羽織の印象が変わります。
色柄で数種類の料金体系がございますので、ご注文後、相談を承っております。お気軽にご相談下さい。
女性用は8.000円〜 男性用は10,000円〜 にてご用意させていただいております。

正絹肩裏(羽織裏) :¥10,000(税別)〜

 

 

正絹襟裏(単仕立て時)

広衿にする場合に衿に付ける裏地。
着用時は衿を半幅に折ります。羽二重と絽の2種類をご用意させていただいております。
ご指定が無ければお任せ下さい。

正絹襟裏:¥2,000(税別)

 

 

正絹背伏(単仕立て時)

単衣の着物を仕立てる際、裏側の縫い代を隠すために付けます。
また、背縫い部分の補強としても使われます。
色は着物の地色に応じてご用意させていただいております。
お任せとなりますので、ご了承下さい。

正絹背伏:¥1,000(税別)

 

 

正絹男物通し裏

胴裏と八掛の部分を、1枚の布にしたもの。
男物の裏地の基本です。生地質や色柄によって料金が変わりますので、ご注文後のやりとりにてご相談下さい。

正絹男物通し裏:¥18,000(税別)

 

 

正絹居敷当(単衣着物・襦袢用)

 

単衣の着物を仕立てる際、後身頃の背中から裾までに生地を当てます。
背縫いや腰周りの補強として、また、防寒対策として。

 

正絹居敷当:¥1,500(税別)

 

 

 

お仕立て工程

当店でお客様からお預かりしたお着物や反物をお仕立てする工程についてご説明いたします。お仕立ての工程には、検品(検反)から最終検査まで、様々な作業があります。

 

 

 

工程の流れ

 

検品(検反)

お着物や反物を検品(検反)します。生地の種類や状態はもちろん、お着物ならお仕立ての仕方、反物なら付属物(胴裏や八掛)があるかどうか確認します。また、織り傷、シミ、汚れなども確認します。

 

検尺

着物の表地、裏地、付属物などの長さを測り、お仕立てに必要な長さがあるか確認します。

 

 

確認

お客様に検品(検反)の結果をご連絡し、お仕立てを行うためのご確認を行います。ご了承いただければ、お仕立てに入ります。

 

 

地直し

アイロンで生地の縦糸・横糸のゆがみを真っすぐにし、生地の曲がりや狂いを直します。これは裁断や縫製の時に採寸サイズに狂いが出ないよう、また、仕上がり後に型くずれや収縮を防ぐための大切な作業です。

 

見積

実際に生地を裁断する前に、各部の寸法を確認し、生地の長さが十分に足りているかを確認する作業を「見積り」といいます。
裁断した後で寸法間違いや生地の不足などがないようにするための大切な作業です。

 

柄合わせ

反物の場合、どういう順番に各部を取れば、着る人に一番良い柄の組み合わせになるのかを何度も仮に合わせ、決定します。

 

 

裁断

いよいよ裁断に入ります。柄合わせがないものは基本断ち、一方向柄・片よせ柄の場合は追い断ちをします。

 

 

ヘラ付け

寸法表を見ながら、各部分の正確な寸法をへらで記していきます。

 

 

 

縫製

各部をへら付けで付けた印通りに縫い合わせていきます。縫製は着物を仕立てる基本であり、熟練の技術が必要になる工程です。

 

 

仕上げ

生地に適した方法で仕上げを行います。木綿や麻の場合は、霧仕上げをします。折り目や袖口、裾にアイロンをかけ、霧を吹いた後にたたんでプレスし、再びアイロンをかけます。絹や合成繊維などは、ほとんどをアイロンで仕上げていきす。

 

 

検査

最後に、寸法、細部の仕立てや針が残っていないかを入念にチェックしてお仕立てが完了します。

着物種類

着物の種類は、実に様々なものが存在します。その中でも代表的なものをご紹介いたしますので、どの着物に仕立てたいか悩まれた時は、どうぞこちらをご参考ください。

 

 

着物の名称

 

黒留袖
上半身に絵柄がない、黒の着物です。比翼仕立てにし、五つ紋を付けると既婚女性の第一礼服となります。一般の結婚式などに多く着用されます。

 

色留袖
黒留袖同様、上半身に絵柄がなく、比翼仕立てで五つ紋を付けると既婚女性の第一礼服となります。授賞式、パーティーなどの華やかな席には色留袖を着用することが多いようです。

 

振袖
未婚女性の第一礼服です。花嫁のお色直しや、成人式、結婚式に招待された時などに多く着用されています。大振り、中振り、小振りの3段階の袖丈があります。

 

訪問着
既婚・未婚問わず着られる着物で、あらゆる場で着用できます。さらに紋をつければ色留袖と同格となります。ただし、紋を付けると着られる場が限られてしまうので注意。

 

付下
訪問着の略礼装で、訪問着と比べて絵柄が小さめのものが多く、縫い目に被らないようになっています。基本的には着るシーンは訪問着とあまり違いはありません。

 

小紋
小さな柄を繰り返し型染めした着物。全体的に柄があるため、柄が隠れたりする心配がなく、気楽に着られる着物です。ちょっとおしゃれをしたい、という時に重宝します。

 

紬(つむぎ)
紬は、全国各地で作られており、産地や糸質、機械の良しあしなどで特色が違い、価格も大きく変わります。元々は普段着ですが、最近ではおしゃれ着として注目を集めています。

 

色無地
柄がなく、黒以外の色を使って一色で染めた着物です。(一つ紋)なら略礼服、三つ紋以上なら準礼服として着用できます。

 

喪服
葬儀に着用する礼服です。モーニングや和装に相当する正式なものと、ブラックスーツに相当する略式とがあります。

 

ゆかた
夏に着る最も軽装な普段着。元は湯上がりに着る部屋着でしたが、最近では柄や素材が豊富になり、お祭りなどに着用されることが多くなりました。

着物お手入れ

着物により親しむなら、自分で着付けられるのはもちろん、着物のお手入れ、保管方法などもしっかりと理解しておく必要があります。ぜひこちらのページを参考に、いつまでも美しく着物を着用してください。

 

外出から帰ったら
着物を着用し外出先から帰った時や、着物をたたむ前には、汚れがつかないようにまずは手をきれいに洗っておきます。

 

着物と帯
着物を脱いだら、着物ハンガーに掛けて一晩おき、湿気などを取ります。翌日たたむ前に、シミや汚れなどがないかをチェックしておきましょう。もしシミや汚れを見つけたら、早めに呉服店やクリーニング店に相談してください。
着物は基本的にアイロンはかけません。ただし、どうしてもシワが気になる時は、あて布をして低めの温度でアイロンをかけます。なお、蒸気は使わない方が無難です。
たたんだ着物や帯は、畳紙に包んで収納します。

着物マナー

着物を着て出かけるとき、どんな着物を着ていけばいいのか、また、アクセサリーは付けてもいいのか悩まれたことはありませんか?こちらでは、代表的な「お茶席の例」と、着物での立ち居振る舞いについてご紹介いたしますので、ぜひご参考ください。

 

 

 

お茶席
かの千利休は、「懐紙と手ぬぐいは白きがよし」と言ったと言われています。千利休が華美なことを好まなかったように、本来はお茶席に着ていくべき着物の決まりはないのです。
唯一ルールと言えることは、お釜をかける人(主催者)は招待客よりも良いものを着てはいけない、ということでしょうか。
招待客として出席する場合は、周りとの調和を考えた着物にすればよいでしょう。

 

 

 

アクセサリー
お茶席では、高価な茶器やお棗(なつめ)を拝見することもありますので、それらを傷つけないよう、指輪や時計はしないのがルールです。
ピアスに関しては、ピアス穴を気にして付けないのは不自然に思う人もいるようです。しかし、基本的にお茶席でピアスをつけるのはあまり歓迎されません。

 

 

 

立ち居振る舞い
着慣れていないと、着物での立ち居振る舞いは難しく感じるかもしれません。しかし、慣れてしまえば自然とできるもの。こちらでは、美しく見せる着物の立ち居振る舞いについてご紹介いたしますので、もっと気軽に着物を楽しむための参考にしてください。

 

 

 

あいさつ
まず、玄関先であいさつする時は、相手の方より浅くならないようおじぎをします。これは招待した側、された側いずれも同様です。
部屋に通されたら、座布団に座る前にあいさつをします。両手の指をそろえ、両手と両膝で三角を作るように手をつきます。そのまま、腰から曲げるようにゆっくり頭を下げましょう。

 

 

 

手みやげを渡す
あいさつが終わったら、持参した手みやげを渡します。袋に入っていたり、風呂敷で包んである場合は必ず中身を出して渡しましょう。

 

 

 

座布団の座り方
座布団に座る時は、座った状態でまず座布団の端に両手をつき、両膝を少し乗せます。次に両手を支えにし、膝を少し浮かせながら座布団の中程まで進みます。両手をさらに前について、膝を進めて完全に乗ります。最後に、背筋を伸ばし、座布団の中央にきちんと座りましょう。

 

 

 

ふすまの開け方
ふすまを開ける時は、必ずひざまずくか座ります。そしてふすまの引き手に右手をかけ、10cmほど開けます。次に右手を下ろし、今度は左手をふすまの端にかけて半分ほどまで開けます。最後に、左手を下ろして再度右手で広く開けましょう。

 

 

 

お茶・お菓子
お茶やお菓子を勧められたら、「頂戴いたします」と言い、まずお菓子からいただきます。お皿に手を添えて、黒文字で一口大に切り分けて食べます。お茶を飲む時は、湯のみ茶わんを必ず両手で持ち、左手を下に添えましょう。

お支払い

ご入金が確認でき次第、加工に入らせて頂きます。納期等は詳しくメールまたはお電話でお伝えいたします。加工完了後、直ちに発送させていただきます。

 

銀行振込

【振込先】
京都中央信用金庫
賀茂(カモ)支店 普通 0784945
口座名義:京都きものれじぇんど

お支払総額は以下の通りです。
商品代金:商品代金合計+送料(1万円以上購入は送料無料)
振込手数料はお客様負担でお願いいたします。

 

 

郵便振替

【振込先】
記号:14440 番号:14593091
店名:四四八  店番:448 普通預金 1459309
口座名義: カ)レジェンド

お支払総額は以下の通りです。
商品代金:商品代金合計+送料(1万円以上購入は送料無料)
振替手数料はお客様負担でお願いいたします。

 

 

代金引換

【業者】
ヤマト運輸
【代引手数料(税込)】
9,999円までは 324円
10,000円 〜 29,999円 432円
30,000円 〜 99,999円 648円
100,000円 〜 300,000円 1,080円

商品代金:商品代金合計+送料(1万円以上購入は送料無料)+代引手数料
代金は商品配送時に配送員にお支払いください。

 

 

現金書留

【受取人住所】〒603-8465 京都市北区鷹峯土天井町1-1
【受取人氏名】きものれじぇんど
【受取人電話番号】075-493-8230

お支払総額は以下の通りです。
ご郵送いただく金額:商品代金合計+送料(1万円以上購入は送料無料)+現金書留手数料

 

 

 

 

送料 一律¥1,000(税別)  ※ただし、離島・北海道・沖縄は¥1,500(税別)

着物仕立て価格(手縫お仕立て)記事一覧

慶びを格式高く表す装いを匠の技で縫い上げます結婚式など祝儀の場でミセスが着用する黒留袖。匠人の手技による手縫い仕立てで、かけがえのない1枚をお届けします。職人技の仕上がりにご期待ください。通常24,000円がキャンペーン中で18,000円!キャンペーンお仕立て価格:¥18,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・とき湯のし・...

優美かつ華やかに「粋」を演出着る人を引き立てます黒留袖と同様、ミセスの第一礼装の色留袖。パーティーや式典など華やかな席であなたを引き立てる装いを、丹念に一針一針縫い上げます。通常24,000円がキャンペーン中で18,000円!キャンペーンお仕立て価格:¥18,000(税別)※このお着物は「訪問着仕立て」と「比翼仕立て」とがあります。※「訪問着仕立て」に縫い紋一つがポピュラーで訪問着としても着用でき...

愛され続ける和の晴れ着日本女性だからこその装いをぜひ振袖は、多くの女性が憧れる華やかな着物。また、未婚女性のみが着ることができ、いわば若さの象徴といえるでしょう。そんな大切な1枚を匠の手縫いでお仕立てします。通常23,000円がキャンペーン中で18,000円!キャンペーンお仕立て価格:¥18,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい...

上品なお洒落着長く着られて飽きのこない1枚を色留袖に次いでフォーマルな着物、訪問着。ややカジュアルともいえる装いだからこそ、楽しみ方もいろいろです。あなたを最大限に引き立てる訪問着をお仕立てします。通常21,000円がキャンペーン中で18,000円!キャンペーンお仕立て価格:¥18,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・と...

繊細かつ上品なアクセント優美な着物をあなたに卓越した匠の技で精微な模様をあしらった着物をお仕立てします。小紋は型紙を使って染めるのですが、柄が細かいほど型紙を彫るのも染めるのも困難。職人だからこそ成せる技なのです。通常21,000円がキャンペーン中で18,000円!キャンペーンお仕立て価格:¥18,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認...

華やかさと品格の調和カラフルに着こなすなら色無地です白生地にカラー(黒以外)を染めた着物。絶妙な染めの技術を駆使して艶やかにお仕立てします。パーティーや披露宴など幅広いシーンでご活用ください。お仕立て価格:¥18,000(税別)キャンペーンお仕立て価格:¥18,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・とき湯のし・裏打ち・反物...

深みのある黒味…弔意を表す装いをお仕立てしますお葬式や法事などで着る喪服。故人をしのぶ場面にふさわしい装いを丹念にお仕立てします。手縫いならではの趣をぜひご体感ください。お仕立て価格:¥18,000(税別)キャンペーンお仕立て価格:¥18,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・とき湯のし・裏打ち・反物の状態なら「湯のし」・...

独特の渋さが生み出す愛着のある風合いが魅力です蚕のまゆから取り出した糸で織った絹織物、紬。味わい深さが生む独特の趣は、ラフに着こなすのがおすすめ。匠の技で作り上げます。お仕立て価格:¥18,000(税別)キャンペーンお仕立て価格:¥18,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・とき湯のし・裏打ち・反物の状態なら「湯のし」・仮...

隠れた密かな部分だからこそお洒落に着こなしませんか長襦袢は、ちらりと見える隠れたお洒落。だからこそ、品質・デザインともに優れたものを選ぶべきです。京の名工仕立てによる長襦袢なら、すべてにご満足いただけるでしょう。お仕立て価格:¥15,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・とき湯のし・裏打ち・反物の状態なら「湯のし」・仮絵羽...

継承の技による高級お誂え仕上がりはまさに手縫いの極み振りぼかしや無地など、お客様のご要望に沿った振袖を熟達した職人が丹念に縫い上げます。手縫いならではの温かみのあるステッチをぜひ味わってください。お仕立て価格:¥16.800(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・とき湯のし・裏打ち・反物の状態なら「湯のし」・仮絵羽の状態なら「とき...

普段使いにも格を高める装いにも、幅広く活躍する羽織のお仕立て準礼装の本羽織から実用的に着用する中羽織まで、着物とマッチした風合いの羽織を職人の手で丁寧にお仕立てします。お仕立て価格:¥19.800(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・とき湯のし・裏打ち・反物の状態なら「湯のし」・仮絵羽の状態なら「とき湯のし」・絞り染めの生地の場...

道中・道行・雨コート…。熟練の技による良品仕立て防寒、雨よけ、チリよけといった機能的な品質はもちろん、デザイン性も重視したコートを匠の技でカタチに仕上げます。コートの衿型:きもの衿、被布衿、道行衿、道中衿、千代田衿お仕立て価格:¥19.800(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへ衿型の種類についてコートの衿型には、道行衿や道中衿などいくつかの種類があります。ご要望に見合った衿型でお仕立てしま...

上品かつ凛々しい高級お誂えによる男らしさの演出風格さえ感じられる粋な男性用襦袢を、熟練された職人が丁寧に縫い上げます。お客様のご要望を一針ごとにカタチにする贅沢な手縫い仕立てです。お仕立て価格:¥15,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・とき湯のし・裏打ち・反物の状態なら「湯のし」・仮絵羽の状態なら「とき湯のし」・絞り染...

男性用の着物もお任せください凛々しく男らしい仕上がりを実現します女物とは異なり、おはしょりがなく、つい丈で着るのが男物。京の名工が凛々しい男物長着を丹念にお仕立てします。お仕立て価格:¥20,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい男物付属品このお仕立てには、男物通し裏が必要です。すでにお持ちの方は、反物と併せて当社にお送りください...

着物姿の品格を高める格好のアイテム、羽織仕立屋工房では、着物の上に着る男性用の羽織をお仕立てしています。羽織を着ることで、着物姿の格がいっそう高まります。お仕立て価格:¥20,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい男物付属品このお仕立てには、男物肩裏(羽織裏)が必要です。すでにお持ちの方は、反物と併せて当社にお送りください。もしお...

夏といえば浴衣気軽にお楽しみいただけます夏の風物詩である浴衣。花火大会やお祭りシーズンともなると、誰もが着たくなるのではないでしょうか。京の名工による手縫いをぜひご利用ください。お仕立て価格:¥15,000(税別)お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへお仕立て以外の加工や付属品がある場合は下記をご確認下さい湯のし・とき湯のし・裏打ち・反物の状態なら「湯のし」・仮絵羽の状態なら「とき湯のし」・絞り染め...

留袖や振袖、訪問着など、フォーマルな着物姿の必需品袋状に織られる袋帯は、フォーマルな場面に使用される帯です。表裏2枚を縫い合わせたものが主流。職人がお洒落な袋帯にお仕立てします。お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへ袋帯綿芯仕立てお仕立をお受けした場合、発送に10日前後頂きます。 袋帯綿芯仕立て:¥5,000(税別)〜袋帯シルク芯仕立て最高級帯芯絹観世(絹100%)を使用しています。お仕立をお受けし...

一重太鼓が結べる名古屋ならではの仕立て帯文字通り、名古屋で考案されたことからその名がついた名古屋帯。略礼装や色無地、小紋、紬などの着物に使用できます。お問い合わせ・ご注文・寸法フォームへ名古屋帯綿芯仕立てお仕立をお受けした場合、発送に10日前後頂きます。名古屋帯綿芯仕立て:¥6,500(税別)名古屋帯シルク芯仕立てお仕立をお受けした場合、発送に10日前後頂きます。名古屋帯シルク芯仕立て:¥7,00...

page top